タニコー株式会社

タニコーは業務用厨房機器メーカーとして、お客様のニーズに合った厨房機器及び厨房のトータルコンサルタントを行ってまいります。

tanico MAGIC 匠の仕事

tanico MAGIC|匠の仕事:第1回 レストラン・アイ

設計からのコメント

 今回の仕事では厨房基本企画・設計からお手伝いさせていただいたことにより、お客様にとってよりよい提案をすることができました。 始めに、レストラン・アイ様からは「エコロジー」「オール電化」「デザイン性」「クレンリネス」という4つのコンセプトをいただきました。
 それぞれにおいて、高いレベルの要求をされていたことから、タニコーとして「営業」「設計」「開発」「製造」「メンテナンス」の5職種を集めたプロジェクトチームを結成。 この5職種がそれぞれの持ち味を活かし有機的に動いたことで、新しい製品が生まれ、さらに、先々を見据えたメンテナンス性の高い厨房をご提案できたと自負しております。
 そしてその提案の多くが、私にとってもタニコーにとっても新しい試みばかりで、正直苦労も多かったですが、この仕事を通じて多くのことを学ばせていただいたと思っております。

厨房コンセプト

  • エコロジー
  • デザイン性
  • オール電化
  • クレンリネス
  • フォトギャラリー
  • 関連製品カタログ

Shop Information|店舗情報

住所:
東京都渋谷区神宮前1-4-20
パークコート神宮前1F
TEL:
03-5772-2091
営業時間:
ランチ 11:30〜15:00 (LO 13:30)
ディナー 18:00〜22:00 (LO 21:00)
座席数:
70 席
厨房面積:
70m2
URL:
http://www.restaurant-i.jp/

CONCEPT.1|エコロジー

 エコロジーというコンセプトに対し、「省エネ」「リサイクル」という2 つのキーワードを設定し、このキーワードに対する提案をいたしました。

 エコロジーにおいての最大の提案は大幅な省エネを可能にした換気天井システム(置換換気)。換気天井システムは暖められた空気は上へ、冷たい空気は下に引かれるということを応用した、効率的な換気システムです。

 このシステムを採用したことにより、空調費用が大幅に抑えられ、グリスフィルターのメンテナンスが容易になり、その上、厨房内もすっきりとした美しい見た目になりました。

 さらに、機器の選定も省エネを考慮したものにしました。しかし、単に規格製品の中から、省エネ設計された機器を提案するだけでは、タニコーの提案としては不十分だと感じ、さらに省エネにつながる製品があるのではないかと考えました。そこで、ご提案しようと思ったのが、「光るIH コンロ」。これでしたら、IH 製品としての省エネ性能はもちろん、電源のON,OFF を光で確認できるため、電源の切り忘れも防げ省エネにもつながります。

 しかし、タニコーの製品に光るIH コンロがなかったため、工場に相談したところ、あっさり製作可能の返答があり、製作にとりかかってもらうことになりました。内心では完成まで不安でたまりませんでしたが、完成した製品を見て「さすが!タニコー!」と手前味噌ながらに思ったのと同時に、今まで、難しいだろうと思い込んでいたために、お客様に提案しきれていない部分があったかもしれないと反省しました。

 「リサイクル」という点においては、リサイクルが容易になるように単一素材を意識しました。元々厨房機器が一部分を除いてはステンレスであることから、ほぼクリアできていましたが、製品によっては、一部パーツにプラスチックを使用しておりましたので、その部分をステンレスに変更しました。ステンレスはプラスチックに比べて耐久性もあることからも、「エコロジー」を提案できたと考えています。

換気天井システム
換気天井システムは作業者が活動する床面近くにSA( サプライエアー) の吹き出し口を設けることによって、機器から発せられた油脂や熱が自然に上昇しフードへと取り込まれ浄化される、効率的な換気システムです。
これにより、冷房費用や換気費用のランニングコストが大幅に抑えられるのはもちろんのこと、快適な厨房環境が実現でき、フードの清掃時間の大幅な時間短縮も可能になります。
光るIHコンロ
今回のプロジェクトがきっかけとなって、製品化された光るIHコンロは電源のON/OFFや火力の強さを光で表示することにより、電源の切り忘れを防止し、消費電力を抑えることが可能です。
熱量調節ツマミ
ツマミ部分は通常ではプラスチックを使用していますが、リサイクルがし易いように単一素材を意識し、ステンレスに変更しました。
変更したことにより、デザインも統一されより美しいものになりました。
  • エコロジー
  • デザイン性
  • オール電化
  • クレンリネス

CONCEPT.2|デザイン性

 レストラン・アイ様は当初よりお客様にご自分のお料理を作っている場所である「厨房」を気軽に見ていただきたいという意識から、厨房内に厨房を見ながらお料理を召し上がれる部屋を設けたいとおしゃっていました。このようなご希望から、今迄あった「見せる厨房」から一歩進んだ「見せるための厨房」作りが始まりました。

 初期の段階でレストラン・アイ様から、厨房イメージということでスペインのある厨房メーカーの厨房を拝見しました。その厨房は、私が今まで触れてきた厨房とは一線を画したもので、ステンレスの加工精度の高さや、斬新なデザインの美しさには目を見張るものがあり、同時にこの仕事のレベルの高さにプレッシャーを感じました。こんな時、シェフの方が「プレシャーに感じないでください!!楽しんでやりましょう!!」とお声がけをいただいた時は嬉しさと同時にこのプロジェクトを必ず成功させなければならないという思いに駆り立てられました。

 そして、お客様のイメージを自分の中で消化し、より具体的なものにするために、フランスまで足を運んでホテルやビーチのレストランの厨房を多数見て廻りました。

 レストラン・アイ様との打ち合わせは私からのご提案に対して、率直な厳しいご意見をいただき、再度ご提案するという繰り返しでした。

 その中から美しい光沢でデザイン性を高めることができるだけではなく、機能性にも優れたブラックステンレスに辿りつくことができました。製品の一部分にブラックステンレス使用することによって、引き締まった印象を与えることができました。さらに、全体的な統一感を持たせるために、製品の角は大きめのR 加工を施したデザインを採用し、引き出し取手部分も無垢ステンレスから削り出した取手を使用するなど、細部にまでこだわった厨房になりました。

 お店オープン後にシェフの方から、『タニコーさんの厨房は「厨房ツアー」を実施しても、自信を持って見せられるよ』と、ありがたいお言葉を頂戴したときは設計冥利に尽きる思いでした。

ブラックステンレス
 タニコーのシステムキッチンDG シリーズで使用した面材と同様のものを使用しました。ブラックステンレスの黒色は塗装ではなく酸化皮膜によるもののため、塗料に含まれていることが多い鉛やカドミウムを使用していないので、環境に優しいエコロジーな素材であるといえます。さらに、通常のステンレスと比較して酸化皮膜がとても厚いため、耐久性や耐食性にも優れています。
引き出し取手
取手は無垢ステンレスン材から1 本1 本丹念に削りだした取手を使用。使い勝手をよくするために、手にあたる部分はR 加工を施しました。
  • エコロジー
  • デザイン性
  • オール電化
  • クレンリネス


  • VOICE! お客さまの声をかたちに
  • コンセプトからアフターフォローまで